HOME > 医療従事者一般の皆様 > 若手医師からのメッセージ
若手医師からのメッセージ

池内 亮介

池内 亮介

医学部を卒業した段階で明確な志望科をもっている人は多くないと思います。私は初期臨床研修を開始したとき、漠然と内科系を志望しており、各科をローテートしてみて自分に合った科を選べば良いかなと軽く考えていました。こんなことをここに書くと怒られるかもしれませんが、泌尿器科の具体的な診療内容もあまり知らず、まさか自分が泌尿器科医になるとは夢にも思っていませんでした。しかし、初期研修医の一年目に偶然泌尿器科をローテートする機会があり、泌尿器科医の診療内容を知り、非常に興味をもちました。
泌尿器科で扱う臓器は腎臓、副腎、尿管、膀胱、前立腺、性器などです。尿路結石や前立腺肥大症、副腎腫瘍などに代表される良性疾患や、上記臓器を原発とする悪性腫瘍を主に扱います。これら疾患に対して、投薬や化学療法などの内科的治療から、外科的治療までほとんどすべて自分で行うことできるところに最大の魅力があります。外科的治療は内視鏡治療、腹腔鏡手術、ロボット支援手術、開腹手術など本当に多くの種類があり、毎日学ぶところが尽きません。初期研修医時代に、膀胱癌や尿管結石の手術で内視鏡を触らせていただく機会を与えていただき、当初あまり手術に興味がなかった私が、「あれ?手術っておもしろいやん。もっと自分でいろいろできるようになりたい!」と思ったのがきっかけで泌尿器科を考えるようになりました。そして、上級医の先生方も指導に熱心で気さくな方ばかりで、自分も一緒に働きたいと思うようになりました。
現在志望科を悩んでいる先生方、外科系を志望している方はもちろん、内科系を考えている方も、ぜひ一度泌尿器科の仕事をみてみませんか?

福永 有伸

福永 有伸

皆様こんにちは。
この文章を読んでいただいて少しでも京大泌尿器科に興味をもっていただけるとありがたいです。
そもそも私が泌尿器科に決めた志望理由は、ライフワークとして手術に憧れていたからです。手術は、多くの経験を経て自ら成長していく様を直接肌で感じることができます。簡単にいえば、昨日できなかったことが明日にはできるようになるのです。その喜びを一度知ってしまった以上は手術したーいってなりました。しかし、自分が手術下手だったらどうしよう、向いてなかったらどうしようって。でもきっと大丈夫です。泌尿器科ではロボット手術がメインになってきており、より短時間でより効率的に手術手技を学ぶことができます。これから他科でもどんどんロボット手術が普及してくるかもしれませんので、その先駆者としての経験は確実に活かせることでしょう。
また泌尿器科の魅力は手術のみならず、遺伝疾患、内分泌疾患、腫瘍学、排尿障害、結石などの良性疾患、不妊治療など多岐に渡っています。ここまで全てを網羅できる科はないと思います。その分多くの知識が必要とされますが、一生かけて勉強していく価値のある素晴らしい科だと信じています。
そしてなによりも京都大学の泌尿器は楽しいです。カンファレンスでは多くを学ぶことができ、実臨床では多くの症例を経験することができます。もちろん珍しい症例や治療決定が難しい症例も経験できますし、チーム一丸となって、また自分が主治医となって乗り越えていくことができます。また幸い入局者が毎年必ずいますので、歳の近い先生が多くいます。教科書で学ぶ以上のことを先輩の経験から学ぶことができるうえ、歳が近い分話題もあうのでとても楽しい雰囲気です。
皆さん、このような楽しい学問は他にないと思いますし、このように楽しく学習できる場所は他にありません。心よりお待ちしております。

日紫喜 公輔

日紫喜 公輔

最初に断っておくと、私は他大学出身であり、京都大学の医局に縁もゆかりもありません。大学を卒業した頃は、何科を目指すかも決まっておりませんでした。しかし、初期研修時代に一人の泌尿器科の先生と出会い、手術して治療を手助けできる楽しさとtotalで全身を見ることのできる奥深さを教えていただき、泌尿器科になろうと決意しました。現在、泌尿器科では、急性期から慢性期にいたる過程や、腎臓などの腹部を主体とした全身管理を要する広い範囲を扱います。また、胃カメラよりも前に作られたと言われている膀胱鏡をもちいた内視鏡治療から腸管の吻合や血管吻合が必要な手術までさまざまな手術を扱い、現在ではロボット手術や温熱療法なども守備範囲となっております。そのなかでも、前立腺癌に対するロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術や前立腺肥大症に対するホルミウムレーザー前立腺核出術といった最先端の治療に興味があり、その専門家がいる病院で働きたいと考え、勤務していく中で泌尿器科医としての基礎を教えていただいたように思います。
その後、医局に入ろうと検討した際に、この医局出身の先生に勧められ、こちらの医局に属すことを決めました。その理由の一つは、京都大学の泌尿器科が多くの領域・研究分野において、先駆者である先輩医師を多く輩出していることでした。実際に入ってみると、人見知りではじめて人と接するのがあまり得意なほうではない私に対し、優しくて丁寧に教えてくださり、またこちらの意見にも耳を傾けてくれるような指導医が多くいること、また同期がとてもフレンドリーに接してくれることにびっくりしました。
このように他大学出身で縁もゆかりもなくても、あたたかく受け入れてくれる医局ですので、勤務先・所属する科を悩んでいる若手の先生、ぜひ私達と一緒に働きましょう。

今井 一登

今井 一登

私は初期研修で内科系・外科系を問わず様々な科をローテーションし、診断から治療まで一貫して可能な科であること、悪性腫瘍・尿路結石・性感染症・小児泌尿器・不妊治療など診療分野が幅広いこと、それらに応じて手技が多岐に渡ることなどから泌尿器科に興味を持ちました。そして初期研修先が京都大学泌尿器科の関連施設であり、その雰囲気のよさ、系統立った教育体制、組織としての統制に魅力を感じ、迷わず京都大学泌尿器科への入局を決めました。
この文章を読まれている方の中には、他大学からの入局を悩んでおられる方もいると思いますが、心配はいりません。私自身他大学出身ですが、出身大学に関係なく日々優しく、明るく、そして熱心に指導していただいており、修練医同士も和気藹々と切磋琢磨しております。
泌尿器科はロボット手術の中心を担う診療科であり、また尿路上皮癌への免疫チェックポイント阻害剤の使用も今後見込まれているなど、この先も大きな飛躍が期待される科です。そしてその泌尿器科を臨床面・研究面共に牽引しておられる先生方を京都大学泌尿器科は数多く輩出しております。
今年は修練医が私を含め13人入局し、若手の勢いも増してきております。この恵まれた環境の中、泌尿器科という広く深い分野を共に学びませんか?皆さんと一緒に働けることをたのしみにしております。

奥野 智也

奥野 智也

皆さんこんにちは。私は今年度から泌尿器科1年目として働き始めました。少しでも皆さんに京大泌尿器科の魅了をお伝えできれば幸いです。
私が初めて泌尿器科に興味を感じたのは学生の臨床実習の頃でした。学生の頃、外科系実習での手術見学はあまり楽しく感じることが少なく好きではありませんでした。将来は内科系に進むだろうと漠然と考えていたところ、泌尿器科の実習で内視鏡や結石のレーザーを触る機会があり“実際に手術を自分がするなら”という視点で手術見学を行えるようになりました。その後、初期研修医の頃に再度泌尿器科をローテートし非常に雰囲気がよく楽しかったため入局を決めました。
泌尿器科の魅力の一つとして、ロボット、腹腔鏡、開腹、内視鏡、カテーテルなど手術・手技にも様々な種類のものがあるということが挙げられます。全ての手術や手技をマスターするにはかなりの時間がかかりますし、そのため飽きることがないということも私が泌尿器科に決めた理由の一つでした。他にも外科的治療だけでなく、投薬による化学療法、ホルモン療法、感染コントロールや遺伝子疾患を扱ったりなど内科的な面もあり、一生の仕事にできる科だと思います。
現在の研修医制度では、泌尿器科はメジャー科と違い初期研修医ローテーションで必ずローテートする科ではありません。やはり外科系の魅了を知るのは実際に経験してみることに限ると思います。現在進む科を迷っている方、外科系に興味のある方、まずは泌尿器科をローテートしてみてください。今年は私を含め13人の同期がおり、最近人気が高まっている科だと思っています。皆さんといつか一緒に働ける時を楽しみにしています。