情報公開 研究助成金

研究助成金

2018

研究助成金(科研費)

(代):代表研究者    (分):研究分担者

(代):小川 修 (分):山﨑 俊成 / 赤松 秀輔 / 齊藤 亮一
異種移植モデルの由来組織別エクソソミクスに着目した革新的癌診断治療シーズの開発
(基盤研究(A))

(代):井上 貴博 (分):山﨑 俊成 / 澤田 篤郎 / 清水 公治 / 後藤 崇之
脂質代謝異常に着目した新規前立腺癌診断・治療の開発
(基盤研究(B))

(代):山﨑 俊成 (分):小川 修 / 赤松 秀輔
進行泌尿器癌における血中ゲノムマーカーの縦断的解析に基づくプレシジョン医療の実現
(基盤研究(B))

(代):齊藤 亮一
PDL1発現制御に着目した膀胱癌新規治療標的の探索
(若手研究)

(代):赤松 秀輔 (分):井上 貴博 / 山﨑 俊成
レトロトランスポゾン遺伝子PEG10を標的とした神経内分泌前立腺癌の新規治療開発
(基盤研究(C))

(代):澤田 篤郎
ロボット支援下腎部分切除術における3Dナビゲーションシステムの開発
(若手研究(B))

(代):後藤 崇之
多様性を再現した患者由来ゼノグラフト群を用いた新規前立腺癌治療薬の耐性機序の解明
(研究活動スタート支援)

(代):北 悠希
浸潤性膀胱癌の新規遺伝子改変マウスモデルの確立とその応用
(研究活動スタート支援)

(代):伊東 晴喜 (分):後藤 崇之 / 根来 宏光 / 奥野 博 / 坂根 直樹
フラボノイド系化合物による膀胱時計調律機構の解明と夜間頻尿患者の時間治療への応用
(基盤研究(C))

(代):小枝 正直 (分):登尾 啓史 / 大西 克彦 / 小川 修
腎部分摘出術のSLAMを応用した実用的AR支援と電気メスによる熱影響のモデル化
(基盤研究(C))

研究助成金(科研費以外)

(代):本庶 佑 (分):小川 修
抗PD−1抗体不応答性がん患者に有効な併用治療薬の開発
(AMED)

(代):赤松 秀輔
胃がん検体収集・検証試験結果評価
(AMED)

(代):小林 恭
腫瘍免疫治療時代に向けた膀胱癌マウスモデルの確立とその応用
(京都大学教育研究振興財団)

(代):赤松 秀輔
網羅的ゲノム解析に立脚した転移性前立腺癌の予後予測モデルの構築
(武田科学振興財団)

(代):北 悠希
浸潤性膀胱癌の新規遺伝子改変マウスモデルの確立とその応用
(京都大学若手研究者スタートアップ研究費)

(代):後藤 崇之
多様性を再現した前立腺癌患者組織由来ゼノグラフト群を用いた新規前立腺癌治療薬の耐性機序の解明
(日本泌尿器科学会ヤングリサーチグラント)

(代):小川 修 (分):井上 貴博 / 赤松 秀輔 / 中川 英刀
遺伝子多型を用いた前立腺癌リスク診断方法の開発
(理化学研究所)

(代):小川 修 (分):井上 貴博 / 赤松 秀輔 / 後藤 崇之
ホルモン依存性癌に関する医療シーズ探索と臨床応用--前立腺癌での脂質代謝異常の解析とバイオマーカーの探索--
(島津製作所)

(代):小川 修 (分):井上 貴博 / 小林 恭 / 齊藤 亮一
プレシジョンメディシン実現に向けたオミックス解析--末端部位の切断に着目した病態(がん)細胞中のタンパク質構造解析--
(島津製作所)

(代):小川 修
去勢抵抗性前立腺癌生検組織を用いたエンザルタミド治療効果予測因子の検討
(アステラス製薬)

(代):小川 修
がん患者由来検体を用いた抗腫瘍免疫応答のinvitro評価系構築および腫瘍浸潤免疫細胞の性状解析
(アステラス製薬)

(代):小川 修
ヒト尿道,肛門および骨盤底筋に対する化合物の収縮・弛緩作用の検証
(アステラス製薬)

(代):小川 修
表面プラズモン増強蛍光分光(SPFS)を用いた前立腺疾患診断バイオマーカーの開発
(コニカミノルタ)

(代):赤松 秀輔
日本人の前立腺がん発症に関わるレアバリアントの同定
(アストラゼネカ)

(代):中村 英二郎 (分):小川 修 / 井上 貴博
前立腺癌の去勢抵抗性(SRPC)の研究
(DSKプロジェクト)

(代):小川 修
前立腺がん患者の診断時背景因子と初期治療および治療経過に関する実態調査研究
(J-CaP研究会)

(代):小川 修
根治療法後に再発を来した非転移性の去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミドの臨床効果および安全性の検討
(先端医療振興財団)

2017

研究助成金(科研費)

(代):代表研究者    (分):研究分担者

(代):小川 修 (分):井上 貴博 / 根来 宏光
新規疾患モデルを用いた次世代OMICS解析に立脚した革新的診断治療シーズの探索
(基盤研究(A))

(代):小川 修 (分):井上 貴博
次世代型手術用シミュレータの開発
(萌芽研究)

(代):井上 貴博 (分):小川 修
高感度質量分析法を用いた尿ペプチドミクスによる前立腺癌の新規標的分子の探索
(基盤研究(C))

(代):山﨑 俊成 (分):小川 修 / 赤松 秀輔
進行泌尿器癌における血中ゲノムマーカーの縦断的解析に基づくプレシジョン医療の実現
(基盤研究(B))

(代):赤松 秀輔 (分):井上 貴博 / 山﨑 俊成
レトロトランスポゾン遺伝子PEG10を標的とした神経内分泌前立腺癌の新規治療開発
(基盤研究(C))

(代):根来 宏光
尿路上皮特異的な時間生物学的アプローチによる夜間頻尿の病態解明
(若手研究(A))

(代):澤田 篤郎
ロボット支援下腎部分切除術における3Dナビゲーションシステムの開発
(若手研究(B))

(代):後藤 崇之
多様性を再現した患者由来ゼノグラフト群を用いた新規前立腺癌治療薬の耐性機序の解明
(研究活動スタート支援)

(代):北 悠希
化合物スクリーニングによる膀胱癌新規治療法の探索
(特別研究員奨励費)

(代):大西 克彦 (分):登尾 啓史 / 小枝 正直 / 山口 哲 / 小川 修
医師とセンサの協調によるGPU高速化腎臓腹腔鏡手術ナビゲータの構築
(基盤研究(C))

研究助成金(科研費以外)

(代):小川 修
遺伝子情報を用いた前立腺癌罹患リスク予測モデルの臨床応用と個別化治療法の開発
(AMED文部科学省)

(代):本庶 佑 (分):小川 修
血中PD-1リガンド検出エライザー法によるPD-1抗体がん治療法の有効性診断薬開発
(AMED)

(代):井上 貴博
揮発性有機化合物(尿臭)を用いた革新的な前立腺癌診断法の開発
(H29京都発革新的医療技術研究開発助成金)

(代):小林 恭
去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)患者由来ゼノグラフトを用いたアンドロゲン受容体(AR)による遺伝子発現プログラムの解明
(金原一郎記念医学医療振興財団)

(代):小林 恭
去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)患者由来ゼノグラフトを用いたアンドロゲン受容体(AR)による遺伝子発現制御プログラムの解明
(山口内分泌疾患研究振興財団)

(代):後藤 崇之
多様性を再現した患者由来ゼノグラフト群を用いた新規前立腺癌治療薬の耐性機序の解明
(京都大学若手研究者スタートアップ研究費)

(代):小林 恭
種間新世代OMICSに基づく浸潤性膀胱癌新規動物モデルの開発
(京都大学リサーチ・ディベロップメントプログラム【いしずえ】)

(代):小川 修 (分):井上 貴博 / 赤松 秀輔 / 中川 英刀
遺伝子多型を用いた前立腺癌リスク診断方法の開発
(理化学研究所)

(代):小川 修 (分):井上 貴博 / 赤松 秀輔 / 後藤 崇之
ホルモン依存性癌に関する医療シーズ探索と臨床応用--前立腺癌での脂質代謝異常の解析とバイオマーカーの探索--
(島津製作所)

(代):小川 修 (分):井上 貴博 / 小林 恭 / 齊藤 亮一
プレシジョンメディシン実現に向けたオミックス解析--末端部位の切断に着目した病態(がん)細胞中のタンパク質構造解析--
(島津製作所)

(代):小川 修
去勢抵抗性前立腺癌生検組織を用いたエンザルタミド治療効果予測因子の検討
(アステラス製薬)

(代):小川 修
がん患者由来検体を用いた抗腫瘍免疫応答のinvitro評価系構築および腫瘍浸潤免疫細胞の性状解析
(アステラス製薬)

(代):小川 修
ヒト尿道,肛門および骨盤底筋に対する化合物の収縮・弛緩作用の検証
(アステラス製薬)

(代):小川 修
表面プラズモン増強蛍光分光(SPFS)を用いた前立腺疾患診断バイオマーカーの開発
(コニカミノルタ)

(代):中村 英二郎 (分):小川 修 / 井上 貴博
前立腺癌の去勢抵抗性(SRPC)の研究
(DSKプロジェクト)

(代):小林 恭
Modeling urothelial cancer in immunooncology era
(アストラゼネカ)

(代):小川 修
前立腺がん患者の診断時背景因子と初期治療および治療経過に関する実態調査研究
(J-CaP研究会)

2016

研究助成金(科研費)

(代):代表研究者    (分):研究分担者

(代):小川 修 (分):神波 大己 / 井上 貴博 / 根来 宏光
新規疾患モデルを用いた次世代OMICS解析に立脚した革新的診断治療シーズの探索
(基盤研究(A))

(代):小川 修 (分):井上 貴博 / 寺田 直樹
次世代型手術用シミュレータの開発
(萌芽研究)

(代):神波 大己 (分):小川 修 / 中村 英二郎 / 山崎 俊成 / 寺田 直樹 / 小林 恭
患者由来マウスゼノグラフトのゲノミクス解析による薬剤感受性予測血中マーカーの開発
(基盤研究(B))

(代):井上 貴博 (分):小川 修
高感度質量分析法を用いた尿ペプチドミクスによる前立腺癌の新規標的分子の探索
(基盤研究(C))

(代):山崎 俊成 (分):小川 修 / 神波 大己 / 寺田 直樹 / 根来 宏光
次世代質量分析を用いたリピドミクスによる泌尿器癌進展に関わる生理活性脂質の探索
(基盤研究(B))

(代):寺田 直樹 (分):松井 喜之 / 小林 恭
代謝関連オミックス解析を用いた膀胱癌の新規発癌・進展経路の解明
(基盤研究(C))

(代):小林 恭
種間新世代OMICSに基づく浸潤性膀胱癌新規動物モデルの開発
(若手研究(A))

(代):根来 宏光
尿路上皮特異的な時間生物学的アプローチによる夜間頻尿の病態解明
(若手研究(A))

(代):北 悠希
化合物スクリーニングによる膀胱癌新規治療法の探索
(特別研究員奨励費)

(代):大西 克彦 (分):登尾 啓史 / 小枝 正直 / 山口 哲 / 小川 修
医師とセンサの協調によるGPU高速化腎臓腹腔鏡手術ナビゲータの構築
(基盤研究(C))

研究助成金(科研費以外)

(代):小川 修
遺伝子情報を用いた前立腺癌罹患リスク予測モデルの臨床応用と個別化治療法の開発
(AMED文部科学省)

(代):小川 修 (分):戸井 雅和 / 萩原 正敏 / 増田 慎三 / 佐藤 史顕 / 井上 貴博 / 寺田 直樹
統合リピドミクス・ゲノミクスを用いたホルモン感受性癌における革新的先制医療シーズの探索
(AMED)

(代):本庶 佑 (分):小川 修
血中PD-1リガンド検出エライザー法によるPD-1抗体がん治療法の有効性診断薬開発
(AMED)

(代):井上 貴博
橋渡し研究加速ネットワークプログラム「前立腺マッサージ後尿に含まれる新規前立腺がん揮発性有機化合物マーカーの探索」
(AMED)

(代):赤松 秀輔
レトロトランスポゾン由来の遺伝子PEG10を標的とした、神経内分泌前立腺癌に対する新規治療法の開発
(日本泌尿器科学会ヤングリサーチグラント)

(代):赤松 秀輔
レトロトランスポゾン由来遺伝子PEG10とE3ユビキチンリガーゼWWP2 の相互作用に着目した、神経内分泌前立腺癌(NEPC)に対する新規治療開発
(前立腺研究財団)

(代):小川 修
泌尿器科癌新規バイオマーカー開発プロジェクト
(島津テクノリサーチ)

(代):小川 修 (分):井上 貴博 / 寺田 直樹 / 中川 英刀
遺伝子多型を用いた前立腺癌リスク診断方法の開発
(理化学研究所)

(代):小川 修
去勢抵抗性前立腺癌生検組織を用いたエンザルタミド治療効果予測因子の検討
(アステラス製薬)

(代):小川 修
表面プラズモン増強蛍光分光(SPFS)を用いた前立腺疾患診断バイオマーカーの開発
(コニカミノルタ)

(代):中村 英二郎 (分):小川 修 / 井上 貴博 / 宮崎 有
前立腺癌の去勢抵抗性(SRPC)の研究
(DSKプロジェクト)