学生・研修生の皆さまへ 研修医募集

京都大学医学部泌尿器科学教室では研修医を募集しています

泌尿器科について

泌尿器科では、副腎、腎、尿管、膀胱、前立腺、尿道、精巣、外陰部などの後腹膜臓器と性腺/外性器の疾患を扱います。代表的疾患は以下の通りです。

・腫瘍性疾患:
副腎腫瘍、腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣腫瘍、陰茎癌
・結石症:
腎結石、尿管結石、膀胱結石
・排尿機能障害:
神経因性膀胱、間質性膀胱炎
・男性不妊症:
乏精子症、機能性無精子症、閉塞性無精子症、Klinefelter症候群など
・慢性腎不全
・腎移植
・小児泌尿器疾患:
先天性水腎症、膀胱尿管逆流、停留精巣、尿道下裂

泌尿器科医の面白みはこういった疾患の診断から治療まですべて自分で完結させることができる点と外科的手技と内科的治療をうまく組み合わせながら工夫して治療に当たることができる点にあります。

京大泌尿器科学教室について

京都大学泌尿器科学教室では1990年代初めから体腔鏡手術を中心とする泌尿器外科学と手術手技の発展に取り組んできました。最近では手術支援システムda Vinciによる腎悪性腫瘍手術と膀胱悪性腫瘍手術を開始し良好な成績を上げています。派遣先として数多くの関連病院を有し、いずれも地域の中核病院で症例数が多く若手のトレーニングの場として最適なところばかりです。また若手育成システムの中で目標経験症例数を設定しており効率よく手技の向上が図れます。トランスレーショナルリサーチを目指す若手には大学院での研究の場が用意されており海外留学も盛んです。

手術風景画像
手術支援型ロボットda Vinci Xiによる手術風景

「医局説明会」のお知らせ

京都大学医学部泌尿器科研修説明会の開催を予定致します。

日時:
2020年5月30日(土)14時より
場所:
WEB開催へ変更になりました。
多数のご参加ありがとうございました。
日時の都合などで説明会へ参加できなかった先生におかれましても、ご連絡いただければ別途個別に対応させていただきます。

興味のある方は、後藤(goto@kuhp.kyoto-u.ac.jp)までご連絡をお願いいたします。
・お問い合わせ先

京都大学医学部泌尿器科教室 医局長 後藤崇之

MAIL:
goto@kuhp.kyoto-u.ac.jp
TEL:
075-751-3337(代表)

ご相談や見学について

入局についてのご相談、あるいは京都大学泌尿器科に関心があってもう少し話だけでも聞いてみたいと思われている方は、下記までご連絡ください。
休暇などを利用した見学も年間を通して受け入れています。水曜日が臨床カンファレンス、月曜日、火曜日、金曜日が手術日となっています。お問い合わせは下記医局長(2020年4月以降は新医局長に交代)まで電子メールでご連絡ください。

連絡先 ・見学をご希望の方

〒606-8507
京都市左京区聖護院川原町54 京都大学医学部附属病院 泌尿器科

医局長:
後藤崇之
MAIL:
goto@kuhp.kyoto-u.ac.jp
TEL:
075-751-3337(代表)
FAX:
075-751-3740
・その他詳細ご質問等の方
MAIL:
uro@kuhp.kyoto-u.ac.jp