一般の皆さまへ あつかう主な病気

前立腺がん

はじめに

はじめに

前立腺がんは白人男性では最も多いがんですが、日本においても食事の欧米化に伴い増加しており、最近は毎年、男性のかかりやすいがんの3位以内に入っています。前立腺がんの危険因子としては年齢、家族歴、高脂肪食、焦げた肉などが知られています。特に家族歴は重要で、父親や兄弟などに前立腺がんの方がいる場合、前立腺がんに罹患するリスクは2倍になると言われています。心当たりのある方は一度前立腺がん検診を受けることをお勧めします。

検査と診断

検査と診断

どんな検査が必要ですか?

前立腺がんの検診は血液検査と直腸診で行います。血液ではPSAという、前立腺がんに特有の項目を調べます。前立腺がん以外にも加齢や前立腺肥大症、前立腺の炎症などでもPSAは上昇しますが、がんでは他の原因による場合と比べて右肩上がりに上昇します。また前立腺がんの一部はPSAが正常値のこともありますので肛門から指で前立腺を触診する直腸診も大切です。血液検査と直腸診で前立腺がんの疑いがある場合には前立腺生検を行います。

前立腺生検ってどんな検査ですか?

前立腺生検とは、前立腺の組織を採取して前立腺がんの有無を調べる検査です。最近は前立腺生検の精度を高めたり生検の適応を判断するため、生検前にMRI検査を行っています。ただし前立腺がんの中にはMRIで検出できないものもありますのであくまでも補助的な検査です。前立腺生検の適応は担当医が総合的に判断しますのでお気軽にご相談ください。
前立腺の針生検では前立腺に12か所から20か所の針を刺して前立腺の組織を採取します。当科ではこれまで初めて生検を行う患者さんには肛門から針生検を行う経直腸前立腺生検を日帰りで行ってきました。また、初回の前立腺生検でがんが検出されなくてもその後もPSAが上昇するなど前立腺がんが強く疑われる患者さんでは全身麻酔下に会陰から生検を行う経会陰前立腺生検を行ってきました。2018年秋からは新たにMRIと超音波の画像を融合させて高精度な生検を可能にする最新機器「BioJet(バイオジェット)システム」を導入し、希望される患者さんには先進医療として全身麻酔下に1泊入院で検査を行っています。

前立腺がんと診断された後に必要な検査は?

前立腺がんの診断がついた患者さんではがんの拡がりを調べるための画像診断を行います。一般的には骨シンチ、CTが用いられますが、海外では前立腺がんに特有のPET検査(PSMA-PET: 日本で一般的に行われるPET検査とは異なります)が行われることが増えています。残念ながらPSMA-PET検査は本邦では受けられませんが当科では放射線診断科と共に本邦でも使えるPSMA-PETの開発、臨床研究を進めています。

「治療」及び「予後と療養」

「治療」及び「予後と療養」

転移のない前立腺がんの治療

転移のない前立腺がん患者さんの治療は 1)監視療法
2)手術
3)放射線治療
の3つに大きく別れます。

前立腺がんの一部は悪性度が低く、治療をしなくても生命に影響しないことが知られています。手術、放射線いずれも良い治療ではあるのですが、後遺症が全くゼロではありませんので、監視療法は最も低侵襲な治療と言えます。当科でも監視療法の適応となる患者さんについては積極的に監視療法をお勧めして過剰治療とならないよう心掛けています。

一方、治療をしないと将来的に生命に関わるような前立腺がんでは手術または放射線治療を積極的にお勧めしています。(一部、超高齢の方や重篤な併存疾患のある方ではお薬による治療をお勧めすることもあります。)手術と放射線治療についてはがんの拡がりによってどちらがより推奨されるかは異なりますし、後遺症等も違います。当科では通常の泌尿器科外来における診療以外にがん診療部で放射線治療科と共に前立腺がんユニットを開設しており、泌尿器科医と放射線治療医の両方から治療について説明を聞いて納得したうえで治療を受けて頂く機会を設けています。

前立腺がんの手術はda Vinci surgical system(ダビンチ サージカルシステム)という手術支援ロボットを用いて行います。当院では2012年よりロボットを用いた前立腺癌の根治術を開始し、豊富な経験のもと安全で後遺症の少ない手術を心掛けています。2017年からは最新機種のda Vinci Xiを導入し、手術の質や安全性はさらに向上しています。詳しくは当ホームページのロボット手術の項目をご覧ください。

前立腺癌の放射線治療には外照射、小線源治療、重粒子線治療などがありますが、当院では強度変調放射線治療(IMRT)を行っており、大変良好な治療成績を挙げています。これまでは約2か月間かけた治療を行ってきましたが、最近はより短い期間での照射(寡分割照射)も一部の患者さんで可能となりました。詳細については担当医にお尋ねください。

転移のある前立腺がんの治療

転移のある前立腺がんの治療の基本は男性ホルモンを抑えるホルモン治療になります。以前は前立腺がんは転移してしまうと手術や放射線治療の効果は期待できないと言われていました。しかし当院では骨盤内リンパ節転移のみの患者さんでは以前より積極的にホルモン治療に放射線治療を併用し比較的良好な治療成績を挙げています(最近では世界的にも骨盤内リンパ節転移のみの症例では放射線治療を行うことが標準的とされています)。さらに最近ではリンパ節転移以外に転移がある場合でも転移の個数の少ない患者さんの一部では泌尿器科医と放射線治療医の十分な検討のうえで放射線治療をホルモン治療と併用することがあります。

一方、ホルモン治療は両側の睾丸を摘除する手術的な去勢術と皮下注射で男性ホルモンの産生を抑える内科的去勢術があり、最近ではほとんどの患者さんが注射薬による治療を受けています。前立腺がんの9割以上は一旦ホルモン治療で縮小しますが、半年から数年でがんが去勢状態に適応することで薬が効きにくくなり、がんが再増殖してきます。これを去勢抵抗性前立腺がんと言います。去勢抵抗性前立腺がんに対してはより強力な抗ホルモン剤であるエンザルタミドやアビラテロンといった薬やドセタキセル、カバジタキセルといった抗がん剤が使われます。また、骨のみに転移している患者さんの一部では骨だけを標的としたアルファ線治療が行われます。

これらの薬剤の使い分けには高度な専門的知識が必要ですが、当院では最先端の研究成果も踏まえた個別化治療を提供しています。転移性前立腺がんの治療は日々進歩しており新しい薬剤の治験も始まっています。当院ではこれらの治験にも積極的に参加して患者さんが本邦で未承認の薬剤の治験に参加する機会も提供しています。詳細は担当医にお尋ねください。