一般の皆さまへ あつかう主な病気

尿路感染症

はじめに

はじめに

おしっこは汚いというイメージを持っている方が多いと思いますが、通常おしっこ(尿)の中には菌はほとんどいません。しかし尿の出口から細菌が進入し、膀胱や腎臓など感染すると様々な症状が出てきます。これを尿路感染症と言います。感染がおこる臓器によって症状も治療法も異なります。尿路感染症はこじれるとなかなか治りにくいこともあります。尿路感染かなという症状がありましたら、お気軽に担当医にご相談ください。

膀胱炎

膀胱炎

大腸菌などの腸内細菌が膀胱に侵入して炎症を起こすことにより発症します。成人女性に多く、一般に抗生剤の内服で容易に治癒します。頻尿、排尿痛(特に排尿後の下腹部痛)、残尿感などの症状とともに、尿の混濁、血尿などを認めますが、発熱はあっても軽度です。

治療としては、抗生剤の服用と同時に、水分をしっかりとること、排尿を我慢しないこと、下腹部を冷し過ぎないこと(過度の冷房など)が大切です。抗生剤で治りにくい場合(難治性膀胱炎)や短期間に繰り返す(反復性膀胱炎)の場合は、膀胱結石などの器質的疾患や排尿障害がないか調べることがあります。

腎盂腎炎

腎盂腎炎

膀胱炎と同様に成人女性に多く、細菌が腎臓に感染することにより発症します。多くの場合、膀胱炎が先行し、発熱、患側部の腰背部痛または叩打痛を伴います。軽症の場合は、抗生剤の内服と水分摂取、安静で軽快しますが、発熱、脱水症状が強い場合には入院を必要とします。尿管結石などが原因で尿管の通過障害があり水腎症をきたしている場合は、抗生剤治療だけでは軽快せず、場合によっては悪化してしまうこともあります。このような場合には抗生剤治療に加えて尿管ステント留置や腎瘻造設といった泌尿器科的な処置が必要になります。詳しくは担当医にご相談ください。

前立腺炎

前立腺炎

急性前立腺炎は、細菌が前立腺に感染することにより発症します。発熱を伴い、頻尿、排尿時痛、残尿感などの症状が現れます。軽症の場合は、抗生剤の内服と水分摂取、安静で軽快しますが、発熱、脱水症状が強い場合には入院を必要とします。前立腺膿瘍を形成している場合は経尿道的手術による排膿を行うこともあります。

一方、慢性前立腺炎は慢性の排尿時痛、会陰部不快感を主訴とし、難治性、反復性であることが多く、なかなかやっかいな病気です。細菌の感染が原因のこともあれば、骨盤内の血流のうっ滞が原因となっている場合もあるようです。まずは抗生剤を6~8週間内服して様子を見ますが、それでも軽快しない場合には、前立腺肥大症に準じた治療が奏功することもあります。

尿道炎

腎盂腎炎

男性尿道炎の多くは性感染症であり、淋菌性とクラミジアによる感染が多くを占めます。排尿時の尿道の違和感、尿道口からの分泌物などの症状がみられます。抗生剤による治療を行いますが、再感染を防ぐためにパートナーの診断、治療も必要です。

注意しなければいけないこと

注意しなければいけないこと

耐性菌の出現

尿路感染症は抗生剤で治すことが多いのは上でご説明した通りです。ですが、抗生剤は間違った使い方をすると「耐性菌」という抗生剤が効かない細菌の発生を促してしまうことがあります。例えば5日間飲むべき抗生剤を2〜3日でやめてしまったり、膀胱炎かなと自己診断をして残っていた抗生剤を1〜2日だけ飲んでみたり。「幅広い菌に効く抗生剤」を「不十分な量や期間」服用することがいかに危険なことか。。

尿路感染症はこじれると治りにくくなります。「たかが膀胱炎」などと自己診断せず、症状が現れた際には手持ちの抗生剤を飲まずに医療機関を受診して尿検査を受けることをお勧めします。